ぎっくり腰について整体院ではこんなことしています。

2020/07/24 ブログ
logo

こんにちは!

福岡県那珂川市で慢性腰痛専門の整体院をしております。 

院長の前田昇馬です。

当院は痛みを改善して豊かな人生を送るための健康づくりを
お手伝いすることをコンセプトに施術させて頂いております。

 

今日のテーマはぎっくり腰についてです。

 

ぎっくり腰ってなったことありますか?

魔女の一撃なんていわれたりもしますね。

 

僕もなったことがありますが、

激烈に痛いですよね。

 

もう、ほんと立てないくらいでした。

 

では、今回ぎっくり腰

 

なってしまったらしょうがないです。

痛いです。

でも、整体院にせよ病院にせよ

行くに行けないですよね。

 

何度も繰り返してしまう方は

予防しないと、何度も繰り返してしまいます。

 

ならないようにするにはどうすればいいのか

それをお伝えしていきます。

 

いくつかありますが、

今日は「姿勢に気を付けて」ください。

 

ってことです。立ち方ですね。

立ち方でぎっくり腰になりやすいかなりにくいかってありますよ。

 

一度立ってみてください。

そのときに見てほしいポイントは

「かかと」です。

 

かかと重心になっていないでしょうか?

かかとの重心になっている人はぎっくり腰になりやすいんじゃないかなと

感じます。

 

腰の筋肉が硬くなっているんですが

それがなにかの動作や衝撃で

急に伸ばされると

 

伸びて切れないようにしようと

脳がグッと切れないように縮める作用を発信します

ようは、防御反応ですね

 

ぎっくり腰というのは体の防御反応なんですね。

これ以上は耐えられないぞ!っていう体の反応と考えています。

 

かかとで立っていると後ろの方へ重心が移動しています

普通は背骨で立っていますが、かかとで立っている人は

つねに後ろの筋肉たちが働いてかたーくなってるんですね。

 

硬ーくなっている筋肉が何かの拍子で

ねじられたり曲げられたり伸ばされたりすると

脳がヤバい!切れないようにしなきゃ!

って反応するんです。

これがぎっくり腰なんですね

 

だから、予防するとしたら

常に固まっている状態の姿勢をなくせばいいんです。

 

だから再発したくなければ

姿勢を気を付ければいいんです。

 

その仕方は

重心の位置を前にすればいいんです。

 

土踏まずのところで立つようにしてみてください。

ポイントは足首から曲がって重心が前に行くような感じです。

 

ご自身の感覚は前のめりになっているんじゃないかと思いますが

鏡とかで姿をみてみると意外と前のめりなっていない

もしくはまっすぐだったりしていますよ。

 

もっと詳しく姿勢の調整をしてほしいと思われたら

是非とも当院までご連絡ください(^^♪

 

 

でわ(^^)/
本気で痛みを改善して悩みを解消したいという方は
整体院昇で一緒に頑張りましょう。

痛みによるお悩みを解消されたい方は一度ご来院下さい。
お話だけでも聞かせてください。